NGな志望動機・志望理由ワースト5

「志望動機・志望理由」は、企業が応募者の入社への本気度や強い意志を測り、アンマッチな人材かどうかを見分けるための大事な判断材料。なかなか面接が突破できないとお悩みの人は、もしかしたら「志望動機」に問題があるのかもしれません。

面接では業種・職種を問わず「不採用となるNG志望動機」が存在するようです。良かれと思って放った一言が原因で、せっかくのチャンスを棒に振ってしまうなんてもったいなさすぎる!

というわけでここでは、中でも特に人事面接官の不評を買った「NG志望動機・志望理由」のパターン、ワースト5をピックアップ。さらに、NG志望動機に対する採用担当者の本音も書きました。

 

NG志望動機 その1
本当に入りたいと思ってる? 志望動機・志望理由が口先だけ

実は非常に多いのが「志望動機が漠然としすぎていて伝わらない」、「とにかく熱意だけで押し切ろうとする」など、“志望動機になっていない志望動機”を語ってしまう人。面接では「なぜその会社なのか?」具体的に述べるのが鉄則。事前に企業研究をして、志望動機・志望理由を説明できるように準備しておく必要があります。

 

NG志望動機 その2
「勉強したいから……」会社を学校とカンチガイ

意外とありがちなのが面接で「勉強熱心さ」をアピールして玉砕するパターン。「御社で勉強したい」という志望動機は、本人的には前向きな姿勢をアピールしているつもりでも、企業側には「自ら戦力になろうとしない受身な人間」と捉えられる可能性大。原則として「会社は勉強をしに行くところではない」ことを押さえておくべきです。

 

NG志望動機 その3
志望動機で給料や制度が最優先。興味があるのは待遇のみ!?

もちろん待遇面は大事ですし、給与やお休み、残業について気にしてしまうのは偽らざる本音かもしれません。ですが、あまりにもそれを面接でグイグイ全面に出し過ぎるのは避けたいところです。志望動機はあくまで事業内容、仕事内容に照らしたものであることが望ましいでしょう。

 

NG志望動機 その4
「デキる私を採りなさい」面接で根拠なき「上から目線」

これまでの実績をアピールしつつ志望動機を語るのはもちろんOK。とは言っても、エスカレートしすぎるとただの自慢になっていたり、不遜な印象を与えたりしてしまうことも。「会社に貢献できる」というアピールは必要ですが、妙に「上から目線」な態度になってしまわないようご注意を。

 

NG志望動機 その5
仕事内容は二の次? “場所ありき”の志望動機

仕事内容や企業そのものではなく、企業の地理的な場所を志望動機に挙げてしまうのはNG。確かに応募者にとって「働く場所」は企業選びの重要なポイントの一つですが、企業側から見ると「その企業で働きたい理由」にはなりません。逆に、場所ありきで「どの企業でも良かった」なんて印象を与えてしまうかも。

 

面接の志望動機・志望理由の伝え方

面接で採用担当者は、「採用ニーズにマッチした人材なのか」という視点で応募者を見極めようとしています。そのため志望動機では、以下の3つのポイントを押さえることが重要です。

・企業が求めている人物像とマッチした実績・強みをアピールする
・自身の強みをどのように生かして応募企業に貢献していくかを明示する
「なぜ当社なのか?」という採用担当者の疑問に答える

特に3つ目の「なぜ当社なのか?」が伝われば、説得力はぐんと増します。求人情報や採用ページだけでなく会社のホームページなどもチェックして、応募企業ごとの志望動機を作成してください。

役に立ったら応援クリックお願いします!人気ブログランキングへ

面接

Posted by Guy