海外転職して海外駐在員になりたい!

海外で国際的に働きたい方へ!東証1部上場企業クラスの企業を5回も転職してきた中年40代の海外転職活動、海外駐在員になる秘訣や面接ノウハウ、海外駐在員の仕事の実態などをお伝えします

*

海外駐在員として働くメリット

      2019/01/14

海外駐在員として働くメリット

海外駐在員として働くメリットを箇条書きしたいと思います。

1、同じ時間働いているのに日本で働いているよりも多くの給料がもらえる

海外での勤務はストレスも多く、その対価として海外勤務手当と言う形でプラスアルファの給料をもらえるわけですが、海外勤務が好きな人であれば別に辛いわけではないため、純粋に給料のアップと考えることができます。

海外駐在員として働いていると、通常、海外勤務手当が支給されます。

海外勤務手当

海外勤務手当は、会社によって言い方や仕組みが異なりますが、基本的には通常の日本の給料をベースに、ハードシップ手当やJ-col指数を考慮した物価手当、危険手当などが出ます。

J-COL(ジェイコル)とは、日本人版世界生計費調査レポートでして、経済紙The Economistを発行する英国エコノミストグループのEIU社が発行し、多くのグローバル企業や各国政府機関にご利用いただいているグローバル版W-COL(Worldwide Cost of Living Survey)の日本人海外赴任者向け生計費調査レポートです。

日本の食品や製品の価格が高い国ではJ-col指数が跳ね上がります。例えばシンガポールでは、J-col指数160%となるため、日本でもらっている給料の1.6倍となります。例えば月給50万円である人ならば、シンガポールのJ-col指数160%によって月給80万円相当シンガポールドルの給料をもらうことができるわけです。

つまりシンガポールの場合、日本で働いている場合の1.6倍も効率良くお金を稼ぐことができます。

シンガポールの場合は、J-col指数は高いですが、ハードシップ手当や危険手当は支給されません。

一方で例えばインドネシアやフィリピンでは30%〜40%増しのハードシップ手当が付きますが、物価が安いので、J-col指数は70%レベルになります。

但し海外勤務手当は別途付くので、なんだかんだで日本で働いている時の1.3倍くらいにはなります。

ちなみに、海外に駐在の勤務では、海外と日本でダブルで給料がもらえますが、必ずしも2倍になるわけではありません。現地通貨建の給料のほかに、日本でも留守宅手当として手取り換算で10万円から20万円位の給料をもらうことができます。

給料

2、家賃が無料、もしくは格安で日本よりも広くて良い物件に住むことができる

プールやジムがついた高級コンドミニアムに無料で住むことができます。

多くの会社では家賃全額が会社持ちとなるため、生活費にかかるお金は食費位になります。

3、人材としての価値が高まる

海外で活躍できる人材は希少性があるため、駐在員として活躍していた実績は転職の際には大きく評価されることになります。

4、日本よりもゆったりと働くことができる

日本で働くよりも一般的にはゆったりと働くことが可能です。

世界を見てみても、日本と韓国位がギチギチで1日中働いており、他の国ではもっとゆったりと働いているワーキングスタイルが一般的です。ですのでいちど海外で働いてしまうと、もう日本の会社には戻りたくないと言って、日本の駐在期間が終わった時に、会社を辞めて現地採用になってしまう人も多々います。

5、地域によっては、会社から車が支給されて運転手付きの車通勤ができる

フィリピン家にインドネシア、タイといった東南アジア諸国に赴任する人は、運転手付きの自動車が会社から支給されるため、まるで重役になった気分で通勤することができます。日本では絶対に経験することのない通勤スタイルです。

自動車

6、海外の刺激的な生活で、毎日生き生きと楽しく送ることができる

海外に住んでいると日本に住んでいた時と比較して、刺激的で楽しい毎日を送ることが可能です。買い物するにも英語をしゃべらないといけないところも刺激の1つだと思います。

7、夫婦仲が良くなる

日本から遠く離れた場所に住んでいることによって、一体感が生まれ、日本では疎遠だった関係が海外に住することによって劇的に変わることがあります。一緒にみんなで揃って出かけることも多く夫婦仲が良くなります。

以上が主な海外駐在員として働くメリットになります!

 - 海外駐在員